松戸市障害者団体連絡協議会グループ
第2回 身体障害者 招待体験ボウリング大会 ご報告

日  時       ・ 平成14年8月25日(日)  午前10時30分〜12時
会  場       ・ ときわ平ボウリングセンター
参加数       ・ 49名  ゲーム数・ 一人2ゲーム

               

主  催      ・ 千葉県ボウリング連盟(CBF)松戸支部
後  援      ・ 松戸市、松戸市教育委員会、松戸市体育協会、千葉県ボウリング連盟
アドバイザー    ・ 高田 誠 【FIQ(国際柱技者連盟 )公認コーチ】
            ※NHKテレビ ためしてガッテン ボウリング指導者
指  導      ・ 千葉県ボウリング連盟 松戸支部員
支  援      ・ 千葉県ボウリング連盟 柏支部、市川支部、船橋支部、東葛支部
補  佐      ・ 常盤平ボウラーメンバーグループ
賛同者      ・ 駒井鉄工安全衛生協力会、(株)シップス、日本赤外線工業(株)、湧井商店、
            くわや商店、ポーラ化粧品新五香営業所、(有)カワカミ、スナック赤と黒、
            ときわ平ボウリングセンター


車椅子でご参加の方を階段で2階のボウリングフロアーまで
お連れしました。



エレベーターありませんがスタッフの方々そして多くのボラン
ティアの皆さまの介助により、安全・確実に階段の昇り降り
ができました。


障害者の皆さんの体験ボウリングがスタートしました。
スタッフの皆さんは付きっきりで指導にあたりました。


手作りのボウリングスロープは昨年に続き今年も大活躍。
上手く狙いを付ければストライクやスペアも取れます。


全館貸切、全レーンバンジー(ノーガター)でのプレイです。
ボランティアとして大勢の方がお手伝い下さいました。

 


第2回身体障害者招待体験ボウリング大会を終えて(TOKIBOW担当 増田)

車から降り館内まで自力で車椅子をこいでいる姿、ゲーム中に関しては
ピンが多く倒れる度にお手伝いのスタッフと共に喜んでいる姿、ピンが倒
れなくて悲しんでいる姿、ボウリングという競技を楽しんでプレイしている
ように感じました。    

         身体障害者用ボウリング補助具について
         第1回身体障害者 招待体験ボウリング大会へ(平成13年)