第12回 ボウリングマスメディア大賞  平成16年度

ボウリング・マスメディア大賞は1993年からスタートし、今回で
第12回を迎えます。
社団法人日本ボウリング場協会では<第12回ボウリング・マス
メディア大賞>の表彰にあたり、ボウリングの振興・イメージアップ
に貢献された<テレビ番組><コマーシャル><ペーパーメディア>
<音楽>およびこれらに関連する<個人の方>や<企業・団体>を
対象に各賞を決定いたしました。

 第12回ボウリング・マスメディア大賞  受賞者の皆様です。
   <期 間> 2003年11月〜2004年10月に放映もしくは掲載されたもの
   <条 件> テレビ番組、コマーシャルなどでは全国的に影響があったもの
   上記の条件で選考されました。



                       

★グランプリ (部門賞・個人賞の中で最も貢献のあったもの) (順不同・敬称略)
  ◆「小倉 優子」
    “ボウリング親善大使”としての活躍及び、日頃からのボウリングに対する好イメージの
    広報活動に対して
★テレビ番組部門賞
  ◆「ワールド☆レコーズ」 日本テレビ放送網株式会社
★コマーシャル部門賞
  ◆「ドリームジャンボ宝くじ」 全国自治宝くじ 
  ◆「ポカリスエット地球ボトル」 大塚製薬株式会社 
  ◆「プレサージュ」 「SHIFT」 日産自動車株式会社 
  ◆「一球の緊張感 THE LIVE 2004」 日本テレビ放送網株式会社
  ◆「キリン淡麗グリーンラベル」 キリンビール株式会社 
 
★ペーパーメディア部門賞
  ◆「シニアの間でボウリング熱が再び高まっている」 日本経済新聞社 
     
★個人賞
  ◆「中谷 彰宏」(作家・演出家・俳優)
 
★特別功労賞
  ◆「中山 律子」 (社団法人日本プロボウリング協会・会長) 
★よくガンバったで賞
  ◆「飯島 一馬」 
★沖縄地区特別賞
  ◆TVCM「オリオンスペシャル」 オリオンビール株式会社
     



 社団法人日本ボウリング場協会

社団法人 日本ポウリング場協会(略称:BPAJ、会長:池田朝彦)は・・・
昭和40年6月、任意団体として発足。その後の驚異的なボウリングブームを経て、昭和48年6月
22日、業界唯一の経営者団体として通商産業省の認可を得て「社団法人」となり、全国会員の強
固な団結と努力により運営しています。                                        
第11回(平成15年度)マスメディア大賞 ●第10回(平成14年度)マスメディア大賞 第9回(平成13年度)マスメディア大賞 第8回(平成12年度)マスメディア大賞 ボウリング場協会情報 HOME&INDEX