平成16年1月30日(金) 16:00〜17:30放送
辻よしなりラジオグラフィティ ボウリング復興計画 聞いてみました
※聞き間違いによる書き違いありましたら何卒ご容赦願います 
※一部しか聴けませんでした。放送の一部抜粋です (聞き手:TBC ishikawa)


オフィシャルページへ 当HP内関連ページへ 
平成15年7月25日(金)放送のページへ 
平成15年6月27日(金)放送のページへ

ゲスト出演    矢島 純一プロ
         並木 恵美子プロ
パーソナリティ
  辻 よしなり
         藤木 千穂


『めざせプロボウラー』と題し、今年も3月に実施されるボウリングのプロテストについて特集した。

当番組も3月のプロテストに向けて動き始めました。
とは言え、辻アナ、藤木アナが受けるということではないです(笑)。
そこでボウリングのプロテストとはどんなものか、日本プロボウリング協会の広報部長であり資格審査委員の坂内(ばんない)保友さんと、矢島純一プロにお聞きしてみます。

先ず1次テスト。男子は1日15Gを4日間、計60ゲーム投げ、アベレージ195以上が合格です。

女子は1日12Gを4日間、計48ゲーム投げ、アベレージ185以上が合格です。
1次テスト合格者は2次テストへ進みます。

2次テスト。男子は1日15Gを4日間、計60ゲーム投げ、アベレージ195以上が合格です。
女子は1日12Gを4日間、計48ゲーム投げ、アベレージ185以上が合格です。
2次テスト合格者は3次テストへ進みます。

3次テストは、面接、身体検査のほか、インストラクター講習、そして競技ルール、ボウリングの知識、業界知識、一般教養などの筆記試験が行なわれます。それらすべてに合格すると、晴れてプロボウラーになれます。

ゴルフのプロテストは上位何位までという相対評価ですね。

ボウリングの場合は規定の成績を残せばいいという絶対評価。
う〜ん・・・いけるかも。

そこで番組が異色の5名を選んでプロテストを受験してもらうことにしました。 

ニイムラアキラさん。ボウリング歴3年、アベレージ195、昔はライフル選手として国体にも出場、サウスポーです。

トダミカさん。昨年の1次テストはアベレージ183で合格したのですが…惜しくもそこまで。昨年合格している1次テストは、今年のテストまでの期間免除されます。この人、色っぽいですぅ…

サクラオカさん。以前事故に遭い左手と右足に怪我をされた。でもアベレージは195、パーフェクトゲームも記録したことがあるそうです。

ホシマキトさん。プ口のピア二ストされている方です。アベレージは200。ぜひ合格したい! 

ヤマダヨウスケさん。中学生からボウリングをしている20才。長身です。今80%くらい自信あり!

そしてもう一人、ラジグラからプロデューサーのオオギイッペイが、プロテストにチャレンジします!

男子は120G、女子は96G投げなければなりません。体力的な面でも相当厳しいですし、それと同時に精神的な面も要求されます。とは矢島純一プロの弁。



このページのトップへ 当HP内関連ページへ INDEX & HOME

ときわ平ボウリングセンター