ボウリング関連最新ニュース BPAJ(社)日本ボウリング場協会提供 
 
2007年8月15日号 Vol.342
 ● ニュース目次へ  ● トップページへ  ●  8月31日号(前号へ)  ●  8月2日号(前号へ)
           
「レジャー白書 2007」発行される …!
「レジャー白書2007」が、(財)社会経済生産性本部より発行された。

白書は、従来同様3部で構成されており、第1章では、日本人の余暇の現状を、第2章では、平成18年の余暇関連産業・市場の動向についてをまとめています。また、特別レポートでは『余暇需要の変化と「ニューツーリズム」』と題し、アンケート調査により、21種目の新たな旅への参加の実態とインパクトを探っております。

・調査対象 : 全国15歳以上男女3,000人 (人口5万人以上の都市部)
・有効回収数 : 2,453 (回収率81.8%)
・調査方法 : 訪問留置法 
・調査時期 : 平成19年1月

・図表

(万人)

順位

平成18年余暇活動参加人口上位20

参加人口

  食 (日常的なものを除く)

7,160

国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など)

5,720

ドライブ

5,110

宝くじ

4,600

カラオケ

4,290

ビデオの鑑賞(レンタルを含む)

4,160

パソコン (ゲーム、趣味、通信など)

4,080

  画 (テレビは除く)

3,870

動物園、植物園、水族館、博物館

3,820

10

音楽鑑賞(CD、レコード、テープ、FMなど)

3,690

11

バー、スナック、パブ、飲み屋

3,370

12

園芸、庭いじり

3,260

13

テレビゲーム (家庭での)

3,110

14

トランプ、オセロ、カルタ、花札など

2,790

15

遊園地

2,760

16

ピクニック、ハイキング、野外散歩

2,620

17

ボウリング

2,510

18

音楽会、コンサートなど

2,440

19

帰省旅行

2,420

20

ジョギング、マラソン

2,390

例年上位種目の変動は比較的少なく、平成18年も上位3位の順位に変動はなかった。しかしながら、「宝くじ」が第4位と初めて上位5位に入っており注目される。

上位20位の種目の中で、平成17年に対して参加人口を伸ばしているのは、前述の「宝くじ」及び「外食」「園芸・庭いじり」「テレビゲーム」「トランプ、オセロ、カルタ、花札など」「ジョギング、マラソン」の計6種目。

屋内型・家周りのレジャーや、比較的手軽に楽しめるレジャーが支持を集めた形だ。

任天堂Wiiの大ヒットなど、新旧ハード交代のあった「テレビゲーム」では参加人口が300万以上の大幅増となった。しかしながら、同じ屋内型レジャーでも「パソコン」は3年連続で参加人口を落とし、頭打ち傾向がはっきりしてきた。

観光・行楽系のレジャーは、「国内観光」「ドライブ」「動物園、植物園、水族館、博物館」「遊園地」「帰省旅行」など、いずれも参加人口が伸び悩んだ。

また「都市型レジャー」といわれる「カラオケ」「映画(テレビを除く)」「バー、スナック、パブ、飲み屋」「ボウリング」などは、店舗間の好調・不調の差が激しい業界であるが、参加人口はやはり伸び悩んでいる。

          


■ボウリングはの参加人口は、2,510万人 (前年比250万人減)…
ボウリングの参加人口は、平成18年の2,760万人から250万人と大幅に減少して2,510万人と発表された。(余暇活動全体で17位にランク。17年は14位)スポーツ部門では、前年に引き続き、全スポーツ参加人口のトップである。

・図表 2

ボウリング関連データ (前年比)

参加人

2,510万人

250万人減)

参加

22.7%

(  2.3%減)

年間平均
活動回

5.3回

(  0.3回増)


2,100円

(  100円)

    〃   会費

7,600円

(1,400円)

1回当たりの

1.850円

(  170円)

参加希望率

17.0%

(  2.0%)

・図表 3

性別・年代別のボウリング参加率 (数値は%)

性別・年代

平成18年

前年と比

性別・年代

平成18年

前年と比

 

 

 

全 体

27.2

▲ 2.2

 

 

 

全 体

18.6

▲ 2.3

10代

44.8

▲ 5.9

10代

38.5

▲ 7.9

20代

52.3

 0.3

20代

40.9

1.0

30代

35.9

0.6

30代

23.0

▲ 1.1

40代

32.0

▲ 5.4

40代

23.0

▲ 3.0

50代

19.4

▲ 2.8

50代

12.6

▲ 0.4

60代以上

8.5

―――

60代以上

4.4

▲ 1.0

 

「DyDo JAPAN CUP 2007」TVファイナル戦 東京体育館にジュニアを招待…!(情報提供⇒JAPAN CUP実行委員会)
既にお知らせのとおり、9月23日(日)に行われる「DyDo JAPAN CUP 2007」のTVファイナル戦につきましては、今年も昨年に引き続き、東京体育館に特設レーンを設置して開催されます。(その他の日程につきましては、既に送付済みのポスターか、本NEWS・7月2日号〈Vol.339〉をご参照ください)
JAPAN CUP実行委員会では、このTVファイナル戦に、将来のトップ・ボウラーを目指すジュニアたちを下記の要領で招待いたします。

■ご招待 「DyDo JAPAN CUP 2007」TVファイナル戦(9/23) B自由席

■対象者 高校生以下のジュニア及び引率者※9/20(木)〜22日(土) 品川プリンスホテルボウリングセンターで開催のプロ選抜・本大会予選・準決勝も、高校生以下は無料になっております。

■申込方法 
@「東京体育館ジュニア招待申込書」に必要事項をご記入のうえ、各団体単位でFAXにてお申し込みください。
A当センターでも受付できます。フロントスタッフへお申し出ください。

申込書のご請求及びお問い合わせは、下記までお願いします。 
●JAPAN CUP実行委員会(担当:白井・山田) TEL:03−3379−7333 FAX:03−3320−4126
また、昨年同様にチケットの団体割引販売を実施しています。団体割引は前売に限り、前売券価格より1,000円の割引(通し券は2,000円の割引)にて販売いたします。お問い合わせは、上記JAPAN CUP実行委員会までお願いします。

 

「DHCレディースオープンボウリングツアー」継続決定!
一昨年よりスタートした「DHCレディースオープンボウリングツアー」は、株式会社DHCの絶大なるスポンサードにより、3年目の今シーズン(2007/2008)も継続開催することが決定しました。

引き続きボウリング界からのヒロイン誕生を目標に、プロアマツアー4大会に加え、ガールズトーナメント4大会の開催が予定されており、今年度も活気あるツアーとなることが期待されます。
この度大会ポスター(プロアマツアー1種類、ガールズトーナメント4種類)が完成いたしました。後日加盟センター内に掲示されますので、どうぞご期待ください。

 

■日本ボウラーズ連盟(NBF)、47都道府県全てで支部設立を達成!
日本ボウラーズ連盟(NBF)は6月に京都府に支部を発足、これを以ってついに47都道府県全てでの支部設立を達成しました。

白石 雅俊理事長は、7月31日(火)発行の「NBFボウラーズニュース」の巻頭あいさつで、このことを報告。「念願を達成することが出来ました。これも会員皆様の温かいご支援の賜物と感謝しております。本当にありがとうございました」と語っています。

 

「ド短期ツメコミ教育 豪腕!コーチング!!」 次回ボウリング企画は9/10放送予定…
  過去4回にわたり放映され、その都度高視聴率を獲得している、テレビ東京の番組「ド短期ツメコミ教育 豪腕!コーチング!!」(毎週月曜日・20:54〜21:54)のボウリング企画第5弾が、9月10日に放送(予定)されることになりました。

今回の放送では、ついにプロ協会・中山 律子会長が登場の予定。ご期待ください…。
日本プロボウリング協会・中山律子会長

 

■「第28回全日本ミックスダブルスオープンボウリング」 大会結果
優勝した柴田知美・三池丹輝のペア 

・開催期間 … 8月2日(木)〜5日(日)
・会   場 … 愛知・星ヶ丘ボウル
・優   勝 …
柴田 知美(36期)・三池 丹輝(22期)ペア 

・TV放映 … 8月12日(日)深夜25:05〜26:00 CBC中部日本放送にて放映済
(NEWS・前号「テレビ放映カレンダー」にて案内済)

上部にタイトルフレームが表示されない場合は『★』をクリックしてください
 ときわ平ボウリングセンター
 
〒270-2261千葉県松戸市ときわ平2−8−2 TEL 047-388-0010 FAX 047-387-3797
 e-mail : tokibow@nifty.com i-modo: http://homepage3.nifty.com/tokibow/tbchp/i/index-i.html
 
Copyright c 2007 Tokiwadaira Bowling Center. All Rights Reserved.