ボウリング関連最新ニュース BPAJ(社)日本ボウリング場協会提供 
 
2006年7月14日号 Vol.316
 ● ニュース目次へ  ● トップページへ  ●  8月1日号(次号へ)  ●  6月30日号(前号へ)
           
■「全国 長寿ボウラー番付」 関連情報
  ■■■新聞・雑誌 掲載■■■
◆「93歳ボウラー満面笑み 岡田さん誕生日記念大会」 7月4日(火)付・静岡新聞全国長寿ボウラー番付・横綱に名を連ねる、静岡市清水区の岡田 実さん(94歳・狐が崎ヤングランドボウル)の誕生日記念大会が2日夜、狐ヶ崎ヤングランドボウルで開催され、その模様が4日付の静岡新聞に写真入りで掲載された。大会には市民ら30人が参加し、「岡田さんを見習いたい」と熱戦を展開。フジスポーツの井口修一社長らがケーキや花束、特製のTシャツを差し入れ、岡田さんは「ありがたい。まだまだ現役選手です」と、満面の笑みでろうそくを吹き消した。

◆「ボウリング楽しく熱く 手軽でも奥深さ"健康のバロメーター"」7月12日(水)付・日本経済新聞・夕刊 「夕悠関西」7月12日(水)付の日本経済新聞・夕刊「夕悠関西」のページで、長寿ボウラーが大きく取り上げられた。記事は、「大ブームだった昭和40年代に熱中した団塊の世代の定年退職も迫り、シニアファンの拡大傾向はしばらく続く見通し」とし、大阪府・桜橋ボウルのシニアボウリング教室「桜寿会」に参加している、全国長寿ボウラー番付・横綱の三宅 一志さん(92歳)をはじめとするシニアボウラーや、関西支部連合会・福江 登専務理事のコメントを中心に、ボウリングがシニアの健康や生活に及ぼす数々の好影響を伝えている

◆「趣味発見 長寿ボウリング ピンが倒れる爽快感がたまらない!」 アクティブシニアの月刊情報誌「えくせれんと」 2006年7月号EH春潮社発行の"アクティブシニアの月刊情報誌"「えくせれんと」7月号で、ボウリングが取り上げられた。掲載コーナーは「趣味発見」の第4回。コーナーの冒頭で、「身体に良く、ストレスが発散できて、おしゃべりが楽しくて、脳が活性して、難しくないけど奥が深い、さらに上手くなったらカッコイイ」ということで、アクティブシニアの趣味としてボウリングをすすめている。「長寿ボウラー番付」の内容、健康スポーツとしてのボウリングの効能等、カラーで2頁にわたり紹介されている。

■■■イベント開催■■■
◆千葉県松戸市で、敬老の日"ご招待"記念イベント「今日も楽しく・生き生きボウリング大会」を開催千葉県松戸市で、9月18日(月・敬老の日)に、敬老の日"ご招待"記念イベントとして、「今日も楽しく・生き生きボウリング大会」が開催される。概要は下記のとおり。
日   時   平成18年9月18日(月・敬老の日)10時集合、10時30分スタート
主   催   敬老ボウリング大会実行委員会、 松戸市ボウリング協会
後   援   JBC松戸支部
特別協賛   ときわ平ボウリングセンター
対象・人数等   65歳以上、84名(3名×28レーン)、1人2ゲーム、参加無料
告   知   広報まつど8月15日号掲載
申し込み

  往復はがきで下記に郵送〒271−0090 松戸市本町20−17新角ビル9F岩田事務所
平成18年8月23日必着
お問い合わせは、ときわ平ボウリングセンター・石川文秀専務取締役まで。(TEL:047-388-0010)

 

■愛知県ボウリング場協会…
"ボウリングの日"に加盟センターを無料開放した際、来場者から寄せられた善意の寄付金を社会事業団に寄託…
  愛知県ボウリング場協会では6月22日の"ボウリングの日"に、加盟28センターを無料開放しており、その際来場者より、地域福祉に役立てるための募金を実施しています。9回目となった今年は、来場者からの善意が331,525円に達し、7月3日(月)愛知県ボウリング場協会黒川賢蔵会長、森正勝副会長、西野学振興事業委員長が中日新聞社会事業団を訪問し寄託、この模様が7月5日付の中日新聞及び中日スポーツに、写真入りで掲載されました。


 

■香川県ボウリング場協会…
高松商工会議所報「Information」に"BOWLEX JAPAN 2006 in KAGAWA"の記事が掲載…
  6月9日(金)〜11日(日)、香川県支部の主管により大成功裡に終了した「BOWLEX JAPAN 2006 in KAGAWA」の記事が、"日本商工会議所会頭杯争奪 第41回BPAJ全国ボウリング大会"後援の高松商工会議所の会報「Information」No.558のトップで掲載されました。

総本山善通寺で行われた「ピン供養」や、一般女性の部とシニア女性の部で、香川県・太洋ボウルチームが見事4位入賞を果たした「第41回BPAJ全国ボウリング大会」の模様が、写真入りで紹介されました。


BOWLEX JAPAN 2006 in KAGAW

 

■(財)健康・体力づくり事業財団作成「健康運動指導士PR版」について…
  今般の医療制度改革において、生活習慣病予防が生涯を通じた個人の健康づくりだけでなく、中長期的な医療費適正化対策のひとつとして位置づけられました。今後展開される本格的な生活習慣病対策においては、一次予防に留まらず二次予防も含めた健康づくりのための運動を指導する専門家が求められています。このため、昨年7月、(財)健康・体力づくり事業財団では、学識経験者等で構成する「健康づくりのための運動指導者普及定着方策検討委員会」を設置し、質の高い健康づくりのための運動指導者の養成と、その確保に向けた具体的な提言を取りまとめ、当財団で認定する健康運動指導士養成制度の具体的見直しに着手し、平成19年度からの実施を図るべく所要の準備をすすめることとしており、このたび養成制度改訂のポイントを解説する「健康運動指導士PR版」を作成いたしました。本PR版及び詳しい報告書につきましては、(財)健康・体力づくり事業財団のホームページ「健康ネット」に掲載されております。ボウリングの生涯スポーツ・健康スポーツとしての社会的認知度を高めるためにも、是非ご覧になりお役立てください。
● 「健康ネット」 URL : 
http://www.health-net.or.jp/

 

■自由民主党本部発行機関紙に、武部幹事長と並木プロのボウリング対談告知掲載…
  7月1日付で日本ボウリング場協会賛助会員に入会した泣Xポーツマーケティング研究所発行の「元気サプリ*ボウリング」8月号に掲載予定の、自由民主党・武部幹事長と並木恵美子プロ(1期)の対談についての記事が、7月11日付の自由民主党本部発行機関紙「自由民主」(毎週火曜日発行)に掲載された。対談のテーマは「ボウリングが社会的に果たすべき役割」。大学時代、ボウリング部に在籍していた武部幹事長は、「当時の経験が精神を鍛え、今の生かされている」と熱く語ったほか、並木プロと"生涯スポーツ"としてのボウリングの意義を語り合ったという。
泣Xポーツマーケティング研究所URL :http://tenpin-tap.com/

 

■新聞掲載…「平成サバイバー 〜生き残るモノたち〜」 7月8日(土)付 四国新聞
  7月8日(土)付・四国新聞の「平成サバイバー〜生き残るモノたち〜」のコーナーで、ボウリングが取り上げられた。1970代の大ブームから現在に至るまでの流れが、香川県・太洋ボウルの樋口高良社長のコメントと共に記述されており、"老若男女が楽しめるスポーツ"として、ボウリングを非常に好意的にとらえ、「手軽さと奥深さを兼ね備えた魅力の多様性が人気を支えている」と結んでいる。

 

■TV放映結果…BSフジ「芸能界!キズナ検定」7月9日(日)22:00〜25:55他
  7月9日(日)22:00〜22:55に放映の、BSフジ「芸能界!キズナ検定」でボウリングが取り上げられた。夫婦やコンビ芸人等の絆を確かめるべく、3つのゲームを早くクリアーして、相方との絆の強さを競う…という企画。

出演は、佐々木健介・北斗晶夫妻、他。収録は神奈川県・川崎Aボウル。尚、本番組は7月16日(日)22:00〜22:55、19日(水)24:00〜24:55に再放送の予定。

 

■「2006レディースオープンボウリングトーナメント BIG BOX 東大和カップ」大会結果
・開催期間 … 7月5日(水)〜8日(土)   
・会  場 … 東京・BIGBOX東大和   
・優  勝 … 清水弘子(38期・フリー) 今季3勝目・大会初優勝・通算4勝目

・詳細はこちらでもご覧いただけます 
         
  ● ニュース目次へ   トップページへ  8月1日号(次号へ)   6月30日号(前号へ)

上部にタイトルフレームが表示されない場合は『★』をクリックしてください
 ときわ平ボウリングセンター
 
〒270-2261千葉県松戸市ときわ平2−8−2 TEL 047-388-0010 FAX 047-387-3797
 e-mail : tokibow@nifty.com i-modo: http://homepage3.nifty.com/tokibow/tbchp/i/index-i.html
 
Copyright c 2002 Tokiwadaira Bowling Center. All Rights Reserved.