第2回敬老の日記念ご招待ボウリング大会のご報告


日時

会場

主催

後援 

特別協賛

平成19年9月17日(月・敬老の日)10:30〜12:00

ときわ平ボウリングセンター(28AL) 松戸市常盤平2−8−2

敬老ボウリング大会実行委員会、松戸市ボウリング協会

JBC千葉県連松戸支部

ときわ平ボウリングセンター(参加者ご招待)




敬老の日を記念して、65歳以上の方たちを対象にボウリングを2ゲーム、無料ご招待するという企画で、昨年に続き2回目を迎えました。

「広報まつど」で一般公募したところ、100名を超える参加申込みがあり、抽選により定員の84名が参加。初心者から上級者レベルの方まで幅広い層の方たちが集まり、最高齢者は女性88歳、男性85歳でした。

ストライクやスペアを取る度に歓声が聞こえ、ガターやミスでは溜息が漏れたり…一喜一憂しながら各レーンとも和やかにゲームが進行しました。

2ゲーム合計425点という高得点を出して男子優勝を手にされたのは、当センター友の会会員でもある鈴木隆さん72歳。女子の部では当センターレディースクラブ会員の宮崎セツ子さんが376点で優勝。参加者の皆さんには飛び賞と参加賞のお土産が手渡され、にこやかな表情でボウリング場をあとにされました。

ボウリングは適度な運動量を持ち、自分のレベルやペースで楽しめるので、高齢者にも適したスポーツ種目です。そうした特性を活かすことにより、介護予防に繋げられることから、これからも多くの人たちにボウリングの魅力を伝えていきたいと思います。